マ~ワ行

ジャンル別

微ホラー小説10選

暑い夏は怪談話で涼しく… お盆頃によく語られる怪談。一口に怪談と言っても、幽霊や妖怪など様々な話がありますね。 鬼、天狗、河童、神隠し、怨霊、座敷わらし、ろくろ首…私たちは子供の頃から多くの妖怪や怪談に慣れ親しんできました。個性豊か...
綿矢 りさ

生のみ生のままで 綿矢 りさ

~「最初からずっと好きだった」女性同士の鮮烈なる恋愛小説。島清恋愛文学賞受賞作~ こんにちは、くまりすです。今回は歴代最年少の芥川賞受賞作家、綿矢りさの『生のみ生のままで』をご紹介いたします。 sto...
ジャンル別

初夏・梅雨に読みたい小説10選

晴耕雨読。しとしとと降る雨の音を聞きながら本を読む。梅雨のこの時期の読書はいつもと違った風情がありますね。 しかし、5,6月は本が売れない時期とのこと。雨のため書店へ足を運ぶ機会が減るというのがその理由のようです。 最近は家に居なが...
町田そのこ

うつくしが丘の不幸の家 町田そのこ

~「それでもわたしたち、この家で暮らしてよかった」人生の喜びも悲しみもすべて包み込む、本屋大賞受賞作家が贈る傑作家族小説~ こんにちはくまりすです。今回は、本屋大賞受賞作家町田そのこの「うつくしが丘の不幸の家」をご...
ルシア・ベルリン

掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン

~「他人の苦しみがよくわかるなどという人間はみんな阿呆だからだ。」大反響を呼んだ初の邦訳短編集~ こんにちは、くまりすです。今回は本屋大賞〔翻訳小説部門〕第2位のルシア・ベルリン「掃除婦のための手引き書」をご紹介い...
米澤穂信

黒牢城 米澤 穂信

~荒木摂津守様、摂津守様はいったい、何をかように恐れておられるのか。~ こんにちは、くまりすです。今回は、直木賞、ミステリーなどの賞で6冠、さらに本屋大賞候補作の今話題の歴史ミステリー米澤穂信「黒牢城」をご紹介いた...
若林正恭

ナナメの夕暮れ 若林 正恭

一人でいてもあまり寂しくないのは、自分と話しているからなのだ こんにちは、くまりすです。今回は芸人であり、エッセイストでもあるオードリー若林正恭さんの「ナナメの夕暮れ」をご紹介いたします。 story...
あさのあつこ

X’mas Stories 朝井リョウ あさのあつこ 伊坂幸太郎 恩田陸 白河三兎 三浦しをん

クリスマス~一年で一番奇跡が起きる日~ こんにちは、くまりすです。今回は豪華人気作家による豪華なクリスマス・アンソロジーをご紹介いたします。 story もう枕元にサンタは来ないけど、この物語が...
横山秀夫

ノースライト 横山 秀夫

お天道様だって家の客だからな~横山秀夫史上最も美しい謎~ こんにちは、くまりすです。今回は、松本清張賞を始め様々なミステリーランキングに選ばれるなど人気も実力も兼ね備えたミステリー作家横山秀夫の「ノースライト」をご...
山本文緒

プラナリア 山本 文緒

転んでも怪我をしても、やがてその傷が治ったら立ち上がらなくてはならないのが人間だ。それが嫌だった。 こんにちはくまりすです。今回は、直木賞受賞作品、山本文緒「プラナリア」をご紹介いたします。 stor...
タイトルとURLをコピーしました